佐多岬産月桃エキス 抽出開始 ボタニカルファクトリー

Alpinia zerumbet, commonly known as shell ginger. A white flower with yellow interior & pink tips on the buds.

Alpinia zerumbet, commonly known as shell ginger. A white flower with yellow interior & pink tips on the buds.

私たちの工場がある鹿児島県肝属郡南大隅町は本土最南端の佐多岬があります。

鹿児島県と南大隅町は観光事業の復活をかけて大掛かりな展望台の建設工事と周辺道路の整備を始めております。

この佐多岬は亜熱帯地方特有の植物が多く茂っており、中でも「月桃」は野山に多く群生しております。

ボタニカルファクトリーでは、この佐多岬産月桃を「水蒸気蒸留」し月桃蒸留水や貴重な「精油」ヲ取り出す予定です。

先月、鹿児島県モノづくり事業の助成金事業に採択され、「蒸気式の水蒸気蒸留器」を導入しより効率的に安定的に高品質な「蒸留水」と「アロマオイル(精油)」の抽出に向けての最終準備をしております。

工場の稼働にあわせた形で設備が搬入されるため、佐多岬月桃精油の甘くて深い香りが誕生するのは9月頃になる見込みです。

その他、レモングラス、ホーリーバジル(トゥルシー)の契約栽培も行っており、本年度は生葉で1トン以上の原料の買い付けを行い、それらを全て化粧品原料にすべく準備をしております。

今週から月桃の「エタノール抽出エキス」と「水出し抽出エキス」の2種類の漬け込みを開始しました。

これまですでに、工場近辺のドクダミ、ヨモギは抽出を開始しておりますが、今後は月桃に加えて「スイカズラ」「ライチ」「たんかん」などのエキス抽出も始めます。

私たちは単なるオーガニック化粧品という枠組みから「地産原料を使ったオーガニック及び’自然農、野生原料のナチュラル化粧品」というテーマで、今後さらに数十種類のエキス抽出を行う予定です。

その中でも、月桃、レモングラス、ホーリーバジルに関しては「化粧品原料」としての規格をクリアさせ今秋以降に原料販売も合わせて行う予定です。

全てのお披露目ができるまでにさらにあと2〜3ヶ月を要しますが、納得の行く商品ができるように頑張りますのでもうしばらくお時間下さい。

 

 

佐多岬 ボタニカルファクトリー 月桃 レモングラス ホーリーバジル その他 地産原料 についてでした。

 

関連記事一覧

PAGE TOP