ボタニカルファクトリー中学校新工場プレオープン!

絶景の「天空のウッドデッキ」へようこそ!

ボタニカルファクトリー中学校工場は12月7日プレオープンし、本社事務所が小学校から中学校に移転しました。

【中学校新工場について】

この度、従来の小学校跡地に隣接する中学校にスキンケア、ヘアケアラインを増設し、新たにワークショップルームと『天空のウッドデッキ』を開設しました。(スキンケアラインは2022年1月稼働予定)

 

3階のワークショップルームでは、お越しいただいた皆様に契約栽培している無農薬栽ホーリーバジル、レモングラスのハーブティーを自由にお飲み頂きながら『記憶に残るオリジナル本格アロマフレグランス作り』をはじめ、気軽にボタニカルコスメ作りが楽しめるスペースとショップを併設しました。

さらに、屋上は天気が良ければ桜島から開聞岳まで錦江湾が一望で、背後には花崗岩剥き出しの原生林の山が聳え立つ絶景の、『天空のウッドデッキ』を設置しました。

主にOEM等のご商談スペースとして活用しますが、コワーキングスペース(Coworking Space:Free-Wifi)としても活用して頂きながら、お客様と優雅な時間を過ごしたいと考えています。

 

暖かくなったら、ウッドデッキにはスパベッドも準備する予定です。

『天空のウッドデッキ』でイベントをされたい方、スパ・エステティシャン、ヨガインストラクター、SNS発信者など、お客様をお連れしてこの場でぜひスパやヨガを楽しんでください。(私たちは施術はできませんが、ボタニカノンのスキンケアラインでスパコースをお作りいただけます)

 

すでにお客様からの予約が入っており、1月と2月の各土曜日は「ランチBOX付きフレグランス作り体験コース」で埋まっておりご予約はできませんが、平日はご利用可能です。

 

【従来の小学校工場の活用について】

従来の小学校工場でも、もちろんこれまで通り「コールドプロセス製法石鹸製造」を中心に「化粧品原料の抽出」として、水蒸気蒸留、エキス抽出などを継続して行います。

中学校にスキンケアラインを増設することで、これまでの生産量が約2.5倍に増産することが可能になりますが、元々の小学校工場が小さすぎたのでこれでも通常の化粧品工場の小さいサイズぐらいかと思います。(参考:化粧水で日産5,000本〜8,000本位の生産キャパです)

 

ワークショップの詳細や、本格オープンに向けての案内は後日プレスリリースを予定しております。

近隣には、昨年リニューアルした「佐多岬展望台」をはじめ、「雄川の滝」などの大自然の景勝地が多数あります。

その合間に、新しくなったボタニカルファクトリー中学校工場にも是非お立ち寄りください。

*正面玄関や所々はまだ工事中につきご迷惑をお掛けしています。

 
 
 

関連記事一覧

PAGE TOP