About us- わたしたちについて

BOTANICAL FACTORY
直訳すると「ボタニカル(植物)の工場」。
植物の声を聞き、植物の息吹を感じ、
植物のエッセンスと人のお肌を調和させる。
やがてお肌は自ら持っている「力」が蘇り、
みずみずしく透明感のある「自分肌」に戻る。
ボタニカル・ファクトリーとは植物が人のお肌のために新たに生まれ変わる場所。
私たちは一つの生命の花「フラワー オブ ライフ」。
限りある資源を持続可能な形で採取し、
モノづくりの在り方から真剣に考えた結果、かつての学び舎が化粧品工場として生まれ変わりました。

 

【私たちの工場について】

本島最南端の大隅半島にある鹿児島県肝属郡(きもつきぐん)南大隅町は、亜熱帯気候と温帯気候が混在し、約4000種もの多様な植物が群生し、「佐多岬」や「雄川の滝」の観光名所で有名な風光明媚なところです。原生林の山々を背に、眼下には錦江湾の夕日が沈むロケーションで、時よりふと聞こえる鳥や森の動物達の鳴き声が心地よく聴こえる環境でモノづくりをしています。

わたしたちは、その南大隅町にある、旧「登尾小学校」の一部を製造工場としてリノベーションし、ハーブウォーター(蒸留水)やアロマオイル、植物エキスの抽出など、原料づくりから製品までを一貫生産しております。お肌にも、環境にもやさしい「ナチュラルコスメの本質を追求する」商品づくりをモットーにしております。

「食の宝庫」の鹿児島の資源を最大限に活かすべく、農家や自治体と協力しながら「地産化粧品」「食べ物のような化粧品」という切り口で、「天然由来成分100%、アルコール、ケミカルフリー」のスキンケア商品の製造を通じて「地方創生」に寄与できることを目指しております。

 

【化粧品づくりの基本理念】

コンセプトは「天然由来成分100%でアルコール、ケミカルフリー」
下記の考えを基本理念としています。

◉ 「口に入れるものとお肌から取り入れるものは、原則として同様の原料でなければならない」という基本的な考え方から、可能な限り食品にも使用される原料で、経皮吸収されたものが体に影響の出ないスキンケア化粧品を作ることを第一義的な目的とします。

◉ 「合成界面活性剤を使用しない」事と「アルコール不使用」を基本処方とし、「お肌の角質を柔らかく導き、自分本來のお肌を、自分の力で取り戻す」ことを全てのスキンケア商品の共通のテーマとしております。

◉ 全商品で可能な限り「水」を使用せず「ハーブウォーター(蒸留水)」を使用しています。

◉ 固形石鹸はコールドプロセス製法、液体石鹸はカリ石けん素地づくりから全て自社製造にこだわります。

◉ 全商品に可能な限り「地産原料(鹿児島県産農薬不使用の原料)」を使用し、独自抽出の自社原料の積極的な使用にこだわる。それが「耕作放棄地対策」に寄与できると考えます。

◉ 廃棄処分されていた無農薬の規格外農作物(タンカン、パッションフルーツ、辺塚ダイダイ等)を積極的に買取りする活動などを通じて近隣農家と助け合いながら、「持続可能な取り組み」を行うことで化粧品製造を通じて「地域社会や自然環境に対して永続的に貢献できる取り組み」を行います。

◉ 限りある資源の再活用として「小学校跡地活用」さらに「隣接する中学校跡地の活用」を行うことで、限られた地域資産を活用し、地方創生に寄与できる活動を行うことを目的としています。

㈱ボタニカルファクトリーは持続可能な開発目標(SDGs)を実践しています。

 

【使用原料に関する基本的な考え方】

◉ 工場では合成界面活性剤、防腐剤、合成香料、合成着色料、アルコール、石油由来成分、動物由来原料は、一切使用しておりません。委託製造をご希望の際はご相談下さい。

◉ 一部原料(可溶化目的)として、BG=サトウキビ発酵液由来「ハイシュガーケイン」を使用します。

◉ 植物エキス抽出溶媒はバイオ発酵エタノール(サトウキビ由来)を使用。

◉ 柑橘系エキス及びアロマオイルは全てフロクマリン等の光毒性を除去したものを使用しております。

◉ ナノ化された原料は使用しません。

Botanical Factory’s cosmetics production factory was founded in 2016 by renovating an abandoned elementary school in Minami-Osumi Town, located at the southernmost tip of Kyushu. Our business policy is;

  1. Beauty and health: Taking advantage of the characteristics of the subtropical area where 4,000 kinds of plants are clustered in this area, we aim to create cosmetics that are 100% derived from nature, utilizing fresh materials collected in nearby areas as much as possible, and food-like cosmetics as our basic policy.
  2. Production Activities: Effective utilization of abandoned school considering community activities, and coexistence and co-prosperity with the local community.
  3. Manufacturing environmentally friendly: Minimize the burden on the environment so that chemicals are not used even during the manufacturing stage.

Our ideal product is that cooperation with agriculture and local governments is essential, and to connect with the local people by procuring the raw materials harvested in that area in a sustainable manner.

 

PAGE TOP