地元、南大隅高校での課外授業

夏休みの期間、とても楽しい課外授業の依頼が来ました。

中学生向けのオープンスクールに石けんをプレゼントしたい、と南大隅高校の先生から依頼があり合計5日間に渡り製作を兼ねた授業を担うことに。

『高校2年生で地域貢献コース』という商品づくりを勉強しているコースとの事だったので、私の得意分野でもあるため少々難易度の高いマーケティングのお話から化粧品業界のお話までレクチャー形式で初日を終えました。

2日目以降は、早速石鹸作り。

当初はコールドプロセス製法の固形石鹸を希望されていたのですが、乾燥期間が必要なため時間の関係で「カリ石けん素地』を作り、ボディソープに変更。悪戦苦闘しながらオリーブオイル、ココナッツオイル、パームオイル、そして鹿児島産ツバキ油を配合しカリ石けん素地を終了。

翌日からはアロマオイルのブレンド講座。

初めてのアロマオイルに生徒の皆さんは感動し、合成香料との違いなどできるだけ天然のアロマを使うことを今のうちから教えます。

最後はご覧のラベルに、それぞれが自分でブレンドしたアロマオイルと作りての名前とメッセージを入れラッピングして終了。

新しい仲間となる中学生たちに、先輩が心を込めて作ったボディーソープ。
商品名の「みなウォッシュ」とは、地元で南大隅高校のことを「みなおー」と読んでいるそうで、その文字をとって「みなウォッシュ」みんなでたのしく手洗いやカラダを洗おう、という意味も込めたネーミングになりました。

これをオープンスクールに来られた中学生にプレゼントするそうで、とても貴重な逸品のプレゼントになりそうです。

ボタニカルファクトリーでは、小学高学年〜大学生向けには比較的学習系の化粧品づくりを、一般の方には嗜好に沿ったオリジナルコスメのワークショップを行っています。

なかなか時間が取れずに土曜日だけとなってしまう場合もございますが、ご興味のある方はお声掛けください。

 

関連記事一覧

PAGE TOP