書籍【社会派化粧品】掲載について一言

www.amazon.co.jp/dp/4906913857

「社会派化粧品」という考え方
この本に掲載される依頼が来た時、「ようやく化粧品をそのような観点で受け取れるようなる時代が来たんだ」と、素直に嬉しく思いました。まさに素材のこだわりや作り手の思いが商品に伝わり、環境に配慮し持続可能な社会を目指すという観点で作られる化粧品と「美」についての新しい定義だと思っています。「SDG’Sコスメ」とも言えると思います。

私(代表:黒木)は、この化粧品業界に入って24年経ちました。
2000年以前の当時のキャッチコピーで最も多く使っていたのが、
「指定表示成分無添加!」というキーワードでした。
つまり、旧薬事法において特定102成分のみ商品に記載すれば、あとは書かなくてもよい、という化粧品のルールでしたので、全成分表示する義務がありませんでした。
そのような環境なので、お客様が商品の安全性や安心を測る基準は「大手メーカーや有名ブランド」ということになります。当然、中小企業の名もなきメーカーは少しでも安全性をアピールするために、せめて特定指定原料102成分だけは入っていませんよ!とアピールするしかありませんでした。
もちろん、この時代は化粧品の使用原料にも厳しく制約があり、「化粧品原料規格基準」「化粧品配合規格基準」という分厚い参考書に基づいて厚生労働省に処方をチェックを受け許可されたものが化粧品として流通していました。現在は「化粧品販売名」の届けだけでそれらの基準はメーカーに一任されているという状況です。

2001年に大幅に旧薬事法が改正され、ようやく「全成分表示の義務化」となりました。
明るみになった化粧品の原材料について多くの消費者が原料の安全性を疑うようになります。
当然、この動きはこれまで成分にこだわりを持って作られてきたメーカーには追い風となりました。

しかしながら、全成分表示に改正されてまだ20年しか経過していません。

最近では多くの消費者が化粧品の「裏面表記/成分表記」を気にするようになりましたが、まだまだそのような消費者は1/3もいらっしゃいません。
仮に表記を見たとしてもその成分の安全性や配合意味がわからないし、わかりにくいからです。
「植物性原料」と謳えばすべてが植物からできていると勘違いしてしまうような分かりづらい成分名。
有名なベビーオイルやオイルクレンジングに使われている*「ミネラルオイル」という表示名称などは、ミネラルを豊富に含んだオイルなのかと勘違いしますよね?とんでもないです!
まだまだ業界主導で消費者に分かりづらく業界に都合がいい表現が多く使用されています。
(*ミネラルオイル=流動性パラフィン:石油から得られる常温で液体の炭化水素の混合物)

私の考え方は「お肌につけるものと、口に入れるものは原則として同じものでなければならない」です。それは、お肌に塗ったものは「経皮吸収」されるから一部の原料は長期的に体に蓄積されるものとなります。食べ物は肝臓で解毒されますが、お肌に入ったものは解毒される場所がありません。

そのためおかしな癖ですが、毎回試作をするたびに、ペロッと舐めてみて「美味しい?」と感じるかどうか、「舌に刺激が無いか?」などを商品化の判断基準にもしています。

今回、社会派化粧品という書籍に掲載されるにあたり、日本の消費者の成熟度がかなり上がってきている時代背景を感じ、これからは更にしっかりとした商品を作らないと見抜かれてしまう時代となってきたと感じております。

巷に溢れかえっている業界都合の「なんちゃってオーガニック、なんちゃって自然派化粧品」を消費者が見抜く時代がどんどん早く近づいてきました。

食品は「美味しい!」がヒットですが、化粧品はまだまだ「ブランドや認知度」が優先しています。
しかしながら間もなく「こだわり原料、安心原料、お肌が気持ちいい!」がヒットに直結する時代が来ると思っています。

なぜなら、化粧品(スキンケア)は、本質的にブランドは必要ないですから。

→書籍のお求めはアマゾンでどうぞ。www.amazon.co.jp/dp/4906913857

関連記事一覧

PAGE TOP